・概要説明
 

 全国の祭礼行事として曳山(山車、屋台、山鉾、だんじりなど)祭りが随所で行われています。近年、曳山祭に使用する提灯の光源としてろうそくの代わりに電球などを使用されることが多くなり、ろうそくを使用しているところは少数になっています。ところが電球では炎のもつ揺らぎが全くなく、本来の情緒が得られにくくなります。ろうそくは点灯、消灯の手間や出火の危険性などで敬遠されていますが、それらの問題点を解決した製品作りを目指しました。

 曳山の灯りとして理想的なものを検討した結果、和ろうそくが最良との結論になりました。和ろうそくは独特の炎のゆらぎにより、得も言われぬ雰囲気を醸し出します。古くから伝わる日本の伝統文化と言っても過言ではないと考えています。曳山祭は江戸の町人文化が発展した頃に隆盛を極めたと伝えられています。その頃の雰囲気を味わえたらと思う人も少なくありません。しかし、和ろうそくを曳山に使用しているところはあまりありません。理由は高価なことの他に、炎が大きいので取り扱いが非常に難しいなどが挙げられます。

 そういった背景のなかで、和ろうそくの炎を再現し、消費電力の少ない電子ろうそくができたらいいのではと考えました。提灯につけた状態で本物のろうそくが灯っているような製品開発を目指しました。LEDを使用して通常の炎の揺らぎと、外部から加わる走行時の振動を検出して炎の変化を再現可能な製品化に取りくんでいます。ろうそくを徹底的に分析して静止状態の炎の揺らぎや上下左右の動きによる炎の変化を小型マイコンにプログラムしてあります。

 製品につきましてはこちらをご覧下さい。
Exp1
画像をクリックすると動画がご覧いただけます。
 
左の動画は今回のプロジェクトの説明をしたものです。

和ろうそくは古くから伝わるもので、炎のゆらぎは独特の風情を醸し出します。製品化にあたり、提灯に付けた状態で可能な限りこの炎に近づけることとしました。


・本製品のメリット
 

 提灯に使用される電球は一般的に消費電力が大きく、発電機や大型バッテリーが必要になります。LEDは電球などに比べ消費電力を大幅に(1/8〜1/10程度)小さくすることができ、自動車などに使用される小型バッテリーに置き換えが可能になります。発電機は大きな音や排ガスなどのにおいで祭りの雰囲気を損なうことがあります。また、大型バッテリーは設置面積や費用、保守管理に問題があります。
 本製品は直流電圧仕様(12〜24V)なので車用小型バッテリーから給電することで、比較的簡単に設置することが可能です。明るさは15〜20Wの電球と同程度です。
 
  技術的な問い合わせはこちらからお願いします。
inserted by FC2 system